東北の日々、震災復興活動によせて

米国マサチューセッツ工科大学・MITの東日本震災の復興支援活動。また、宮城県南三陸町に住み込むことによって、世界と繋がりをもった東北地方暮らしにおける日々の出会いや発見の展開を描きます。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

戸倉・波伝谷集落との出会い

 
もう一件、仮設集会場を望む声が耳に入ってきた。

1月29日、3日間の南三陸町の訪問を終える帰途
につく車の中で、知人のNPO活動家から一本の電話
が入った。歌津から陸前戸倉の内陸部へ差し掛かった
ところで、車をとめ話し聞いた。

これまで志津川湾をかこむ南三陸町の北側・歌津地区
で活動を展開していた私達だが、今回はその湾の反対側
戸倉地区・波伝谷という集落で起こっている話しだという。

何しろ車をUターンさせるのと同時に、私たちは紹介された
波伝谷仮設に住む後藤婦人に率直に電話を入れ半時後に伺う
了承を得た。

例によって、4畳半のこたつに後藤夫妻、神田先生、私の
4人は座り、しょうがスープを飲みながら、奥さんが先だって
望んでいる仮設の集い場に関して話しを聞いた。彼女の話し
では、人々が集う場としてはもちろん、内職を生かす場として、
場合によって高齢者の介護の役割を担う拠点として必要だとのこと。
アイデアは豊富だった。

果たして話しは膨らんでいくものの、できますという約束はできない。
しかし、協力はできるという言葉をおいて、最初の訪問を終えた。

ここまで熱心な女性と出会ったのははじめてだった。
隣りに座る旦那さんは、時折的確に言葉を付け加える。
興味深い夫婦と巡り合い、何かが始まった。



スポンサーサイト
 

吊るす習慣

 
東北で暮らし始めてからしばらくが経ち、
いくつか面白いものが目につくようになった。

It's been a while since I started living in Tohoku, and there are some interesting things I've discovered...


"吊るす"

"to hang"


これを共通に見つけた日常の一場面。

You see things hanging a lot in everyday scenery.



先日の馬場での会合中に見つけた、冬支度された松。
石ころをお守りとしてつり下げているようだ。

Pine trees preparing for winter.
Wearing stones as lucky charms.

DSCF7223smlll のコピー



そこそこで見られる干し柿。
吊るし方も家庭によって様々なのが興味深い。

Dried persimmon.
Each family has their own way of hanging them.

RIMG1565 のコピー のコピー


其処らで見られる吊るし雛。
これは東北発ではないかもしれないが、とてもよく
似た仕組みだ。
他の2つに比べて、なぜ、という点が薄いが見ていて心地よい。

Mobiles. These may not originate in Tohoku, but still has similar structure.
They're pleasant to look at.

吊るし雛 のコピー







カルダー

風にゆられる種々のもの、
これを思い出した。

Thinking of all the things swaying in the wind reminded me of this.
 

次なる試み、馬場中山契約会長との出会い

 
すばらしい歌津をつくる協議会会長の小野寺さんの紹介で、歌津町馬場、中山集落
の契約会長が私たちの屋根掛けプロジェクトに関して興味を持っているという話しを聞いた。

平成の森仮設住宅団地でのバーバドールプロジェクトが広がっていくといいな、
と思っていた私たちは直ぐさま馬場中山仮設住宅団地に足を運んだ。

雨嵐の昼下がり、宮城大学の平岡先生、神田先生、鈴木は傘もささずに
提案書を片手に、ドアをたたいた。

1度目の訪問は失敗におわり、
2度目も会えずじまい、

落ち込み気味の帰りの車中で、馬場契約会長の三浦一郎さんから直接電話を受けた。

会話を交わせば話しは早い、それから2時間後私たちは面会した。
3日後、現場で地主の三浦さん(契約会長叔父)と中山契約会長・阿部さんを交えて
相談をした。

2時間程だったろうか、寒い中立ち話は続いた。
これが現実になるかどうかは分からないが、良い感触だ。

まずこの2人の契約会長との出会いに満足した。


DSCF7218.jpg

敷地から臨む丘、海への景色を前にずいぶんと話しこんだ。

 

バーバドール5丁目を通る

 
南三陸町を訪れた。

暇がありさえすれば平成の森を訪れるようになっている。
様子はどうかな。
機能しているかな。

何度か改修を繰り返すうちに、まるで我が子のように追っている。

今日は、実際に女性達が使っている様子を見る事ができた。

彼らのためにつくった場所で、彼らが生きている様子を目の当たりに
できたことにこの上ない幸せを感じる。

小さなプロジェクトとはいえども、価値あるものだった。



DSCF7252.jpg
111207@歌津平成の森
 

新・バーバドール5丁目

 
10月からお付き合いしている、歌津平成の森バーバドールの人々。
高台に位置するこの仮設住宅団地に私たちがつくった集いの場を、私たちの手で更新
した。


まだ日差しの暖かさが印象深い第一期2011年11月2日−6日での作業。
elev のコピー



今回、12月1日−4日にかけて行った第2期での作業。
突風から屋根が吹き飛ばされないようにロープを垂直に張った。
それに風よけの竹のパネルを装着した。


RIMG1723 のコピー


佐々木竹材店から廃材を譲ってもらいつくった風よけは、すだれが
元々のイメージではあるものの、作り手の自由に多少の遊びも加えた。

RIMG1721 のコピー


これが以前よりも効果をもてばいいが。
私たちの取り組みは続くだろう。

tbd.
プロフィール

Author:ババドール
FC2ブログへようこそ!



最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。