東北の日々、震災復興活動によせて

米国マサチューセッツ工科大学・MITの東日本震災の復興支援活動。また、宮城県南三陸町に住み込むことによって、世界と繋がりをもった東北地方暮らしにおける日々の出会いや発見の展開を描きます。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Smart Mobility-スマート・モビリティ

 
この3/11プロジェクトには、来春Smart Mobilityの考えが組み合わされる
ことになっている。現在、案を練っているところだ。

夕刻、かもめの群が居並ぶ防波堤に登った。
漁村集落というからには、この石浜の本当の顔を見ないからには
帰れない。

比較的震災被害の少なかった石浜といえども、
河を渡っていた橋もろとも主要道路が流されしまった。
JR東日本と同様、復旧の目処は未だ見えてこない。



CIMG4948.jpg



だからこそ、スマートモビリティーを結ぼうとしている
一方で、この光景を見て思い出したものが、

メキシコからアメリカへ渡る手引き舟:
Hand Pulled Boat crossing the boundary between USA and Mexico.

一切の技術も電気も入らない、ただただ乗り合った人々が
共に綱を引くのだ。

01_Hand-Pulled>Mxic-USA のコピー

最先端の技術と慣習の接点にいたいと感じる。


スポンサーサイト

Comment


プロフィール

Author:ババドール
FC2ブログへようこそ!



最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。