東北の日々、震災復興活動によせて

米国マサチューセッツ工科大学・MITの東日本震災の復興支援活動。また、宮城県南三陸町に住み込むことによって、世界と繋がりをもった東北地方暮らしにおける日々の出会いや発見の展開を描きます。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

戸倉・波伝谷集落との出会い

 
もう一件、仮設集会場を望む声が耳に入ってきた。

1月29日、3日間の南三陸町の訪問を終える帰途
につく車の中で、知人のNPO活動家から一本の電話
が入った。歌津から陸前戸倉の内陸部へ差し掛かった
ところで、車をとめ話し聞いた。

これまで志津川湾をかこむ南三陸町の北側・歌津地区
で活動を展開していた私達だが、今回はその湾の反対側
戸倉地区・波伝谷という集落で起こっている話しだという。

何しろ車をUターンさせるのと同時に、私たちは紹介された
波伝谷仮設に住む後藤婦人に率直に電話を入れ半時後に伺う
了承を得た。

例によって、4畳半のこたつに後藤夫妻、神田先生、私の
4人は座り、しょうがスープを飲みながら、奥さんが先だって
望んでいる仮設の集い場に関して話しを聞いた。彼女の話し
では、人々が集う場としてはもちろん、内職を生かす場として、
場合によって高齢者の介護の役割を担う拠点として必要だとのこと。
アイデアは豊富だった。

果たして話しは膨らんでいくものの、できますという約束はできない。
しかし、協力はできるという言葉をおいて、最初の訪問を終えた。

ここまで熱心な女性と出会ったのははじめてだった。
隣りに座る旦那さんは、時折的確に言葉を付け加える。
興味深い夫婦と巡り合い、何かが始まった。



スポンサーサイト

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.04.21 | [] | Edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.06.20 | [] | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.08.17 | [] | Edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.01.16 | [] | Edit

プロフィール

ババドール

Author:ババドール
FC2ブログへようこそ!



最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。