東北の日々、震災復興活動によせて

米国マサチューセッツ工科大学・MITの東日本震災の復興支援活動。また、宮城県南三陸町に住み込むことによって、世界と繋がりをもった東北地方暮らしにおける日々の出会いや発見の展開を描きます。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

潮が満ちるとき

 
石浜を歩く、

正午、空かせたお腹におにぎりを入れながら石浜到着の印象
を味わっていた。

しばらく歩き、再び湾へ戻ってくると満ち潮の時になっていた。
岸壁を越えて引いては打ち寄せる波が美しい。

温暖化と震災による地盤沈下を嘆く、漁師及川さんに相づちを
うちながら、目は水に注がれていた。



DSCF7038.jpg



もうほとんど見られなくなったガラスの浮き島があった。
通りの端に転がる光景は、どこか情緒がある。
DSCF7045.jpg





DSCF4102.jpg

石浜の水と近づく経験は、イタリア、ヴェネチアを想起させる。
ちょうど今頃、むこうはAcqua Alta: 高水/高潮/浸水の時期だろう。


スポンサーサイト

Comment


プロフィール

ババドール

Author:ババドール
FC2ブログへようこそ!



最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。